このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

【姉妹都市交流事業】俳句の御応募ありがとうございました

更新日:2020年12月23日

俳句応募結果 〜テーマ”コロナの世界的大流行の真っ只中で一体となろう”の俳句の作品紹介〜

習志野市54句、タスカルーサ市42句、計96句の俳句が集まりました。
たくさんの御応募ありがとうございました。
両市の俳句は下記リンクからご覧いただけます。

習志野市 俳句一覧(エクセル:14KB)

タスカルーサ市 俳句一覧(エクセル:14KB)

また、皆様より御応募いただいた俳句はタスカルーサ市と共有しております。
タスカルーサ市国際姉妹都市協会のホームページに、英訳された俳句が掲載されておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

タスカルーサ市国際姉妹都市協会

タスカルーサ市募集俳句の楽しみ方

日本の俳句は五・七・五の句に分け、かつ季語を入れるのが基本ですが、
海外で親しまれている俳句(HAIKU)は3つの音節(Syllable)に分かれています。
四季のない国もあることから、季語がない場合も多くあります。

英文で作られた俳句や詩は、
詠み手の心情を汲んで日本語訳をすることがとても難しいとされています。

今回、タスカルーサ市から送られてきた俳句は、原文のまま掲載しています。
日本との文化の違いを感じることがあるでしょうし、
国は違っても同じ状況下で共感できる部分がたくさんみつかることもあるでしょう。

ぜひ、皆様がそれぞれ日本語訳にチャレンジしていただき、英語の俳句を楽しんでいただければと思います。
私たちの友人であるタスカルーサ市民が詠んだ俳句をとおして、海を越えた土地の暮らしに思いを馳せていただければ幸いです。

【終了】姉妹都市であるタスカルーサ市との交流事業の一環として、昨今の新型コロナウイルスの状況に対する思いを詠んだ俳句を募集いたします。

内容

昨今の新型コロナウイルス感染症の状況下の中で、感じていることや思っていることなどを5・7・5の形で作成してください。

テーマ

"コロナの世界的大流行の真っ只中で一体となろう”

留意点

(1)日本語で作成してください。
(2)順位付けはありません。
(3)両市から集めた俳句は、各市ホームページ等での公表を予定しています。(応募多数の場合、全てが記載されるとは限りません。)
(4)応募の際は、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してください。
 ※収集した電話番号については、俳句に関する確認事項があった場合のみ使用します。
 ホームページ等での公表の際に氏名の掲載が不可の場合は、ペンネームも記載してください。
(5)提出は1人3句までとします。

令和2年10月16日(金曜日)で応募は締め切りました

問い合わせ先

このページは協働政策課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎4階
電話:047-453-9301 FAX:047-453-5578

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る