このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

通称「習志野市心が通うまちづくり条例」

更新日:2020年6月12日

平成28年4月1日 通称「習志野市心が通うまちづくり条例」を施行しました

この条例の名称は、「習志野市手話、点字等の利用を進めて、障がいのある人もない人も絆(きずな)を深め、互いに心を通わせるまちづくり条例」です。

条例の内容について

 私たちが目指すのは、障がいのある人もない人も当たり前に心を通わせ、理解しあえる住みやすい社会です。
 市民や事業所等と協働し、情報やコミュニケーションを大切に誰もが暮らしやすいまちづくりを進めるため、以下の取り組みを行います。

  • 「障がい」や「障がいのある人」について理解する人を増やします。
  • 障がいのある人が情報を得ること、役立てること、自由にコミュニケーションをとることを大切にします。
  • 市民の方々に手話を学ぶ機会をつくり、手話を普及し理解を進め、手話が言語として保障される環境を整備します。

情報伝達やコミュニケーションを図るために

●情報・コミュニケーション手段は様々です。
 話し言葉、筆談、拡大文字、絵カード、点字、文字盤、手話、身振り、支援者を介して伝えるなど、必要に応じていくつか併用して話してみましょう。

●対象の方に合わせた話し方をすることが大切です。
 ゆっくりていねいに話す、簡単な言葉で具体的に話す、短い文で要点を伝えるなど、その人にあった方法で話してみましょう。

筆談、点字、絵カード、手話のイラスト

習志野市での具体的な取り組み

1.体験講座

 参加者自身が障がいについて体験することで、障がいや障がいのある人を理解します。

 【過去の体験講座一覧】

事業一覧

2.「災害時支援・みまもり」スカーフ

 本市では一見障がいがあるとわかりづらい方をはじめ、みなさんが災害時に必要な情報を取得して安全に避難できるように、また、避難所でその方に応じた支援や周囲の理解を得て生活することに役立つように、「災害時支援・みまもり」スカーフを作成し、配布しています。
 詳細は下記のページをご覧ください。

災害時支援・見守りスカーフのポスター

3.コミュニケーションボード

 習志野市では、障がいのある人とのコミュニケーションに役立つツールの一つとして、指差しで伝える「コミュニケーションボード」を用意しています。
 本市オリジナルコミュニケーションボードを設置している店舗には、「コミュニケーションツール設置店舗」としてオリジナルステッカーを配布しています。
 詳細は下記のページをご覧ください。
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは障がい福祉課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-9206 FAX:047-453-9309

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る