このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

平成25年度 子育て応援セミナーを開催しました

更新日:2018年11月29日

子育て中のパパママ必見!「気持ちが伝わるコミュニケーション術〜自分も相手も大切に〜」

講師:特定非営利活動法人 アサーティブジャパン認定講師 寺地典子(てらちのりこ)さん

開催日:平成26年3月1日(土曜) 場所:男女共同参画センター 5階研修室

傾聴だけではなく、押し付けすぎない自己主張をすることも大切です
「アサーティブ」とは自分の気持ちや意見を、相手の権利を侵害することなく、誠実に、素直に、対等に表現することを意味します。

コミュニケーションパターン(クセ)を分けてみると・・・
ドッカン(人に食ってかかる攻撃的なタイプ)
・・人との関係を勝ち負けで考え、絶対に相手に負けていられない。そのため相手を見下すことで自分の優位を証明しようとする。
オロロ(自己犠牲的で、ふみにじられても黙っているタイプ)
・・自分が我慢しさえすればよいと感じていて、自分で何かを選択したり決定したりすることをしない。
ネッチー(攻撃性を隠して相手をコントロールするタイプ)
・・表立ってことを荒立てたりしないでちゃんと仕返しをする。正面切って人と対立しないかわりに、周りの人間をうまく利用してコントロールし相手に罪の意識を持たせることで自分の手に入れたいものを得る。

前半はアサーティブとは何かを理論的に説明いただき、コミュニケーションのクセや、パターンをお話しいただきました。

平成25年度子育て応援セミナーの写真3

アサーティブの4つの柱(マインド)
アサーティブにコミュニケーションを取るときには相手と向き合う時の心の姿勢として大切な4つの柱があります。
「誠実」・・自分に対しても相手に対しても誠実であることです。
「素直」・・気持ちや要求を伝えるときは相手に素直に向き合います。
「対等」・・相手と向き合う時は、自分も相手も尊重した対等な態度をとります。
「自己責任」・・言ったならば言ったなりの、黙っているならば黙っているなりの、自分の行動の結果を自分で引き受けます。

アサーティブの伝え方(スキル)
「的をしぼる」・・話は具体的に、要求は一つにします。
「繰り返す」・・落ち着いて何度も繰り返します。
「気持ちを言葉に」・・事実に対する自分の誠実な気持ちを言葉にします。(困っている、心配している、危惧しているなど)
「ボディランゲージははっきり」・・表情と言葉を一致させます。
「相手への理解」・・自分が理解されたいなら相手のことも理解します。

後半は上記マインドとスキルを意識しながら、ペアでアサーティブなコミュニケーションを実践しました。普段の会話と行動はとてもアサーティブとはいえなかったことが実感できた、など感想が寄せられ、自分自身の振り返りをしながらセミナーが進みました。

平成25年度子育て応援セミナーの写真4

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る