習志野市

Multilingual

令和元年度の子育て”ショートあるある”(第6話)『怖いものは怖い!』 

更新日:2019年9月4日

保護者の皆さまの子育て”ショートあるある”(第6話)として、体験談を掲載しています。

『怖いものは怖い!』 

暗い階段は怖いです

怖いものは、怖い。
長男9歳の時。こちらに引っ越す一週間前、長男を連れて下見に来ました。
5階 エレベーター無し。
荷物もいくつかあったので 「これ持って上がってね~」と先に上がると、後から涙目で上がって来ました。???
その時は何が怖くて泣いているのか分からなかっのですが、どうやら暗い階段が怖いらしい・・・。
階段はセンサーで暗くなると灯りがつきます。実際暗くはないのですが、灯りがつく→周りが暗くなった、と認識するようでした。
分かってからは 気をつけるものの、少し帰るのが遅くなり薄暗くなると階下から、「お母さ~ん」と呼ばれます。
5階を往復するのは結構しんどいので、次男(当時4歳)に行って貰ったり…笑
怖いものは怖い。これは仕方ないです。
大きくなり、弟に迎えに来てもらうのが嫌になったようで、中学の頃には一人で上がって来れるようになりました。
息が上がるほどダッシュして。笑
18歳の今でも毎日階段ダッシュしてます。

問い合わせ先

このページは、ひまわり発達相談センターが担当しています。

所在地:〒275-0025 千葉県習志野市秋津3丁目5番1号

電話:047-451-2922

FAX:047-451-2002