習志野市

Multilingual

発達支援研修公開講座「障がいのある子とともに生きる」

更新日:2019年8月7日

テーマ 「障がいのある子とともに生きる」

父親として、記者として~感じること、見えること。

日時 令和元年8月8日(木曜) 午後1時30分から4時(開場1時)

会場 習志野市民会館

〒275-0012 習志野市本大久保3-8-20 (マップへ)
京成大久保駅から徒歩1分。公共交通機関をご利用ください。

講師 神戸 金史(かんべ かねぶみ)氏

著書「障害を持つ息子へ~息子よ。そのままで、いい。~」(ブックマン社)

RKB毎日放送報道局次長 兼 東京報道制作部長

 

新聞記者であった神戸さん、ご長男が自閉症の診断を受けた当時から、父として勉強したい、記者として自閉症を世に知らせたいという思いをもって、報道の仕事をされてきました。3年前に障がい者施設で起きた事件、神戸さんが思いを綴られ、SNSに投稿した文章は、世間に大きな反響を呼びました。

自閉症のこと、家族の様子、ゆっくりだけど確実に成長する子どもたちの様子など、たくさんの映像を交えて、わかりやすくご講演いただきます。

 

費用 無料

※申込み不要

※手話通訳あり

主催 習志野市

案内チラシ

※託児(事前申込み制)は定員に達したため締め切りました。
 

問い合わせ先

このページは、ひまわり発達相談センターが担当しています。

所在地:〒275-0025 千葉県習志野市秋津3丁目5番1号

電話:047-451-2922

FAX:047-451-2002