このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

勧誘電話に困っていませんか

更新日:2014年5月15日

相談
 突然、「有名な大手企業があなたの家の近くに老人ホームを建てる計画があります。監督官庁から入手した名簿リストでは、あなたもその企業の社債を優先購入できる一人になっています。どうですか」という電話があった。私は電話勧誘による投資の契約はしないと断ったところ、「それではその権利を譲って欲しい。いいですね」としつこく言われ、その場は、急用で外出すると電話を切ったが、この話は本当だろうか。

アドバイス
 このような詐欺的勧誘には、本来なら毅然とした態度で断れるものですが、高齢者にとって老人ホームは身近な問題であり、近くに老人ホームが出来ればという期待と、社債を購入することで優先的に老人ホームへの入居が可能なら・・・と考えるのは無理もないことです。大手有名企業には老人ホーム建設の計画が無いこと、仮にそのような計画を持つとしても、入居者に社債を売って資金調達を図ることはしない、ということを確認し、これは悪質な利殖商法の手口であることを説明して相談者に納得いただきました。
 国民生活センターのホームページによると、電話勧誘販売の相談件数は平成20年度は約4万9千件だったのが、平成25年度には8万件を超え、そのうちの約4割が70歳以上となっています。これは株や社債、健康食品などの電話勧誘販売が急増したことによります。習志野市消費生活センターでも同様に増加傾向にあります。
 悪質な電話勧誘の口車に乗ってお金を支払った直後、契約相手と連絡が取れなくなるケースも多く、消費生活相談窓口では解決が見込めないことが多々あります。できれば、このような勧誘には初めから応答しないように迷惑電話対策をするのが効果的です。習志野市を含め各地の自治体では65歳以上を対象に電気通信事業者と共同で迷惑電話対策装置による2年間の無料モニター制度を設けています。これは、警察などから提供された迷惑電話番号や、利用者が登録した迷惑電話番号から電話がかかると、警告ランプが点灯し、同時に着信拒否をしてくれるサービスです。サービスの提供を受けるには電話会社とナンバーディスプレイの契約をしておく必要があります。これから迷惑電話対策をとお考えの人は、消費生活センターまでお問合わせください。

問合せ
消費生活センター  047(451)6999

問い合わせ先

このページは消費生活センターが担当しています。
所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼4階)
電話:047-489-5230 FAX:047-453-5747

キャッチボールメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

消費生活メモ

よく使われるものから探す

  • 夜間・休日・救急診療
  • ごみ・リサイクル
  • ハッピーバス 地域バス
  • 習志野マップ
  • 庁舎・窓口 相談案内
  • 組織と業務
  • 届出・登録・証明
  • ガス・水道 下水道
  • 申請書 電子申請
  • スポーツ施設 予約システム
  • 図書館
  • 市民参加 審議会 パブリックコメント

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る