このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

生ごみ水切り

更新日:2015年8月3日

一般的に生ごみの80%が水分と言われています。
生ごみの水切りをすることで、ごみの減量化につながる他、悪臭・腐敗の防止にもつながります。
皆様のご協力をお願いします。

水切りのポイント

水に濡らさない

野菜の皮などは、水洗いする前に剥くことで乾いた状態で処理することができます。

また、三角コーナーをシンクの上に避けることで、調理中に水に濡らさないようにすることができます。

余分な水分をしぼる

お茶がらやティーバッグなど、水分を多く含むものは、水気をしぼりましょう。

乾かす

水気をしぼったごみを乾かすことで、より臭いを抑えることができます。


乾かす

※乾燥させる際、乾燥が足りないとカビが発生する原因になります。 乾燥させる際は、適時処理をお願いいたします。

生ごみの水切り方法について、以下にPDFでまとめてあります。
あわせて参照してください。

お役立ちグッズ

不要紙を使った水切りボックス

水を切った生ごみを乾かす際、リサイクルできない不要紙を使った水切りボックスを使用しましょう。水切りボックスを使うことで、生ごみの散らばりを防いだり、生ごみ自体を捨てる際に水切りボックスごとごみとして捨てることができます。

作り方は、以下からダウンロードすることができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページはクリーンセンタークリーン推進課が担当しています。
所在地:〒275-0023 千葉県習志野市芝園3丁目2番1号
電話:047-453-5577 FAX:047-408-9581

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る