このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

土砂災害を知ろう

更新日:2019年5月31日

 集中豪雨や地震などにより地盤が緩み、抵抗力の低下や浮石の抜け出しが生じて瞬時に斜面が崩れ落ちることを「がけ崩れ」といいます。突発的に起こり、崩れ落ちるスピードが速いため、人家の近くで起きると逃げ遅れる人も多く、死者の割合が高い特徴があります。
 こう配の急な斜面や、水の集まりやすい斜面は注意が必要です。過去にがけ崩れのあった斜面の周囲は、特に注意が必要となります。

急傾斜地崩壊危険箇所とは

千葉県では、「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」(以下、「土砂災害防止法」という)の対象となる箇所を縮尺2,500分の1〜10,000分の1等の地形図を基に机上で抽出した調査結果を、「土砂災害危険箇所」として公表しています。
 土砂災害危険箇所は、

(1)急傾斜地崩壊危険箇所
(2)土石流危険渓流
(3)地すべり危険箇所

に分けられますが、習志野市にはこのうち、(1)の急傾斜地崩壊危険箇所が37カ所あります。
 急傾斜地崩壊危険箇所とは、傾斜度30度以上、高さ5m以上で人家や公共施設に被害を及ぼす恐れのある急傾斜地および近接地のことです。
 これらの急傾斜地崩壊危険箇所については、今後、県の基礎調査を経て、土砂災害防止法に関わる土砂災害警戒区域や土砂災害特別警戒区域として指定される可能性があります。

急傾斜地崩壊危険箇所の確認はこちら

急傾斜地崩壊危険箇所の場所については、下記の県のサイトで確認できます。

土砂災害(特別)警戒区域とは

土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域は、「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」に基づいて、千葉県知事により指定・告示された区域です。

(1)土砂災害警戒区域
 急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命または身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域であり、危険の周知、警戒避難体制の整備が行われます。
(2)土砂災害特別警戒区域
 急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、建築物に損壊が生じ住民等の生命または身体に著しい危害が生じるおそれがあると認められる区域で、特定の開発行為に対する許可、建築物の構造規制等が行われます。

土砂災害(特別)警戒区域の確認はこちら

土砂災害(特別)警戒区域の場所については、下記の県のサイトで確認できます。

急傾斜地崩壊危険区域とは

急傾斜地やこれらに隣接する土地のうち、斜面の崩壊により住民の生命に危害の恐れのある区域について千葉県知事が「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律」に基づいて指定する区域です。斜面の崩壊の誘発を助長するような有害な行為を規制するほか、急傾斜地の保全などが行われます。

急傾斜地崩壊危険区域の確認はこちら

急傾斜地崩壊危険区域の場所については、下記の県のサイトで確認できます。

千葉県土砂災害警戒情報システム

 土砂災害発生の危険性について、千葉県地図への着色により確認することができます。また、今後の気象予測や気象予警報、土砂災害警戒情報発表状況なども確認することができます。
 千葉県土砂災害警戒情報システム

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは危機管理課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-9211 FAX:047-453-9386

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る