このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

麻しん(はしか)に注意しましょう

更新日:2017年9月15日

海外からの輸入による麻しん感染例が増えています。
◆渡航前には
 ・麻しんにかかったことが明らかでない場合、母子手帳などで予防接種歴を確認しましょう。
 ・2回接種していない場合は、予防接種を検討してください。

◆帰国後には
 ・帰国後2週間程度は体調の変化に注意しましょう。
 ・麻しんが疑われる場合は、すぐに受診せず、まずは電話で医療機関に相談しましょう。

麻しん(はしか)とは

麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症です。
麻しんウイルスは感染力が非常に強く、簡単に人から人に感染します。麻しんの免疫が不十分な人が感染すると、高い確率で発症します。

麻しんの症状

感染すると10日後に発熱、咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2〜3日発熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。
肺炎、中耳炎を合併しやすく、まれに重い脳炎を発症することもあります。死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。

麻しんの感染予防

麻しんは感染力が強く、空気感染するため、手洗い、マスクのみでは十分に予防できません。
予防接種が最も有効な予防法です。
現在、子どもに対しては、定期接種(法律で定めれらた予防接種)として2回ワクチンを接種する機会があります。麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)で(1)1歳児、(2)小学校入学前1年間で接種します。これに該当する年齢であれば、早めに接種を受けましょう。詳しくはこちらへ。
定期接種の対象者以外の方(成人を含む)は、自己負担金は発生してしまいますが、任意で接種を受けることができます。2回の麻しん予防接種歴がない、または不明、かつ、麻しんにかかったことがあるかも不明の方は予防接種を検討してください。

関連情報(リンク)

問い合わせ先

このページは健康支援課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-2961 FAX:047-454-4822

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る