このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

蚊に気を付けましょう!

更新日:2018年5月18日

夏はが多く発生する時期です。

蚊が媒介する感染症には、デング熱、日本脳炎、ジカ熱、チクングニア熱などがあります。
これらの感染症を防ぐには、「蚊の発生を防ぐこと」と、「蚊に刺されないようにすること」が大切です。
こちらでは、ご家庭でできる蚊の対策についてご紹介します!

の発生を防ぐには幼虫(ボウフラ)から

幼虫(ボウフラ)の発生を防ぐことで、蚊の発生を抑えることがきます。

蚊は小さな水たまりを好んで卵を産みます。水がなければ、幼虫(ボウフラ)は発生しないため、家の周りの水たまりをなくすことが有効です。
(ただしヤブカ属の卵は数カ月の乾燥にも強く、水に浸ると孵化(ふか)します)
ご自宅の周りに、下記の写真のようなところはありませんか?
お心当たりのある方は、できるだけ水が溜まらないように、1週間に1回程度、清掃をするなどの対策をお願いします。
下記の「自宅でできるボウフラ対策のポイント」を参考にしてください。

【国立感染症研究所】ヒトスジシマカ幼虫の生息場所

自宅でできるボウフラ対策のポイント

  • 庭先に置き忘れたバケツやおもちゃ、空き缶などは処分する。または、逆さまにするなど、水が溜まらないようにする。
  • 植物やプランターの受け皿の水は、こまめに捨てる。一週間に1回は必ずチェック!
  • 屋外ペットの水飲み容器はこまめに洗い、水を交換する。
  • 古いタイヤは処分する。処分しない場合は、穴をあけて水が溜まらないようにするか、コップ半分程度の塩を水たまりの中に入れておく。
  • 自宅の雨水ますは詰まらないよう定期的な掃除を行う。

に刺されないために

 デング熱やジカ熱を媒介するヒトスジシマカの成虫は、下記の写真のように、低木の茂みや地面を覆うように茂るツタなどに潜んでいます。
 民家の庭、公園、墓地など、茂みの多い場所に行く時には、蚊に刺されないように注意が必要です。

【国立感染症研究所】ヒトスジシマカ成虫の潜み場所

外出のときの注意点

蚊の多そうなところへ行くときは

  • 肌を露出しないように、長袖、長ズボンを着用しましょう。
  • 素足でのサンダル履きは避けましょう。
  • 虫よけ剤などを必要に応じて使用しましょう。

屋内への侵入を防ぐ

  • 玄関の出入りはすみやかに行いましょう。
  • 窓を開けておくときは、網戸のある窓にしましょう。

ポスター

ご自宅や店舗、施設に貼って、ご活用ください。

関連情報(外部リンク)

問い合わせ先

このページは健康支援課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-2961 FAX:047-451-4822

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る