このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

健全化判断比率等について

更新日:2017年10月5日

 平成19年6月に「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が公布され、毎年度、新しい財政指標(健全化判断比率及び資金不足比率)を算定し、監査委員の審査を受け、その意見を付けて議会に報告するとともに、市民の皆さんに公表することが義務となりました。
 健全化判断比率は、(1)実質赤字比率、(2)連結実質赤字比率、(3)実質公債費比率、(4)将来負担比率の4つの指標で、それぞれの比率に応じて「健全」「早期健全化」「財政再生」の3段階((4)将来負担比率は、財政再生段階なし)に区分されます。
 資金不足比率は、公営企業会計ごとに算定するもので、「健全」「経営健全化」の2段階に区分されます。

平成28年度決算における健全化判断比率等

 習志野市の平成28年度決算における健全化判断比率及び資金不足比率は、下記のとおり全て健全段階となりました。

1 健全化判断比率
指標の名称 平成28年度 早期健全化
基準
財政再生
基準
(参考)
平成27年度
(参考)
早期健全化
基準
実質赤字比率 −% 11.73% 20.00% −% 11.76%
連結実質赤字比率 −% 16.73% 30.00% −% 16.76%
実質公債費比率 2.5% 25.0% 35.0% 5.2% 25.0%
将来負担比率 17.1% 350.0%   0.8% 350.0%

※実質赤字額、連結実質赤字額がない場合は、「−%」で表示しています。

2 資金不足比率
特別会計の名称 平成28年度 経営健全化
基準
(参考)
平成27年度
水道事業 −% 20.0% −%
ガス事業 −% 20.0% −%
公共下水道事業 −% 20.0% −%

※資金不足額がない場合は、「−%」で表示しています。

 健全化判断比率等の概要、各指標の概要、算出方法などの詳細については、下記PDFファイルをご覧ください。

健全化判断比率等の概要

 地方公共団体の財政の健全化に関する法律については、下記総務省ホームページをご覧下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは財政課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-9224 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る