このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

公金の管理について

更新日:2016年8月10日

歳計現金、歳計外現金の保管について

公金は、大きく分けて
 1.歳計現金(歳入歳出に属する現金)
 2.歳入歳出外現金(市に属さない現金で職員から源泉した所得税や共済組合掛金等)
 3.基金現金(条例の定めるところにより、特定の目的のために財産を維持し、資金を積み立て、又は定額の資金を運用するための資金)
 に区分できます。
会計管理者は、歳計現金、歳計外現金について、
 1.安全性の確保(安全で確実な管理)
 2.流動性の確保(支払準備に支障をきたさない)
 3.効率性の追求(有利な管理運用を考慮)
を管理目標として、適正な管理をしています。
各部局は、各年度の初めに月別及び四半期を内容とする、当該年度の収納及び支出の計画「資金計画」を作成します。会計管理者は、当該資金計画を基に公金の収支の把握及び保管を計画的に行っています。

公金の保管口座について

市の預金は指定金融機関の決済用普通預金で保管されています。決済用普通預金は一般の普通預金とは違い、無利息の預金ですが、平成17年4月のペイオフ拡大後も、預金の全額が保護の対象となります。

習志野市公金管理方針について

習志野市では、公金の安全で確実な管理を行うとともに、支払準備に支障をきたさない範囲で、有利な保管を行うことを目的とするために、公金管理の原則及び管理方法を定めています。

現金の過不足について

市の歳入歳出の収支については、最終的には剰余金が発生して決算します。しかし、年度途中の日々の単位では受払いにズレが生じます。そのため、時期によって現金が不足することや、余剰となることがあります。その調整として、不足時には、基金現金から繰替運用を行い、余剰時には、今後の収支を勘案し指定金融機関に定期預金等で預け入れ、管理運用する場合があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは会計課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-9207 FAX:047-453-7768

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る