このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

平成25年10月定例記者会見

更新日:2014年6月23日

平成25年10月定例記者会見について

日時

10月25日(金曜)午後1時30分〜午後2時30分

場所

仮庁舎3階大会議室

市長あいさつ

 皆さん、こんにちは。ただ今から、平成25年10月の定例記者会見を始めさせていただきます。日ごとに秋の色が濃くなってまいりましたが、一方で大型の台風が秋雨前線を活発化させ各地で被害が拡大しております。本市におきましても、台風26号の襲来によりまして床上浸水10件など重大な被害がありました。被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。
 また、現在、台風27号が接近しており、再び被害が発生する恐れがあります。本市といたしましても、各部局が連携をした中で、状況に応じて万全の態勢を整えて対応してまいりますが、各ご家庭おきましても十分に情報を収集していただき、災害に備えて頂きますようよろしくお願いいたします。
 さて、秋といえば、スポーツや文化の秋を思い浮かべる方が多いと思いますが、今年も本市の子ども達が大活躍をいたしました。スポーツでは、習志野高校体操部の(かや)和磨(かずま)選手が、8月に九州北部4県(大分県、福岡県、佐賀県、長崎県)にて開催されました、全国高校総体体操競技大会で個人総合3位に入る成績を収めまして、続く9月に横浜で行われました2013国際ジュニア体操競技大会で、日本代表として、見事、個人総合優勝を果たしました。更に、9月末から10月にかけまして開催されました国民体育大会「スポーツ祭東京2013」におきましては、萱選手が所属する千葉県チームが、体操少年男子において見事団体総合優勝を果たしております。
 音楽では、第一中学校管弦楽部並びに第六中学校管弦楽部が、10月26日、福島県郡山市で開催の日本全国学校合奏コンクールソロ&アンサンブル大会に出場します。
 また、習志野高校吹奏楽部が、10月27日、名古屋市で開催される全日本吹奏楽コンクールに出場するなど嬉しい報告がたくさん入ってきております。
 他にも習志野高校野球部の活躍など、たくさんの子ども達が、習志野市を代表して全国大会に出場、あるいは全国大会を目指して頑張っております。子ども達の頑張りに、これからも温かいご声援をよろしくお願いいたします。
 さらに社会人では、先のロンドンパラリンピックにも出場いたしました、市内の茜浜にあります障害福祉サービス事業所「あかね園」に通っております田中(たなか)康大(やすひろ)選手が「スポーツ祭東京2013」障害者スポーツ大会におきまして水泳男子50メートル平泳ぎで、見事、大会新記録にて優勝をいたしました。
 また、茜浜に活動拠点を置きますアメリカンフットボールチームオービックシーガルズは、史上初の4年連続日本一を目指して快進撃を続けておりまが、9月29日に、本市の秋津サッカー場で初めて開催された公式戦におきましても感動的な試合で勝利したことは記憶に新しいところでございまして、全勝で次のステージに向かっているということで、全市をあげ応援したいと思っております。
 2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催も決定しまして、景況感の高まりを感じつつある中で、先の、東関東自動車道「谷津船橋インターチェンジ」が開通いたしましたこと、あるいはその他の色々な出来事によりまして一層の経済的効果が期待され、活気あふれるまちづくりが今進行中であります。それでは、内容に入らせていただきます。

東習志野・実籾地域公共交通実証運行開始について

 はじめに、東習志野・実籾地域公共交通の実証運行開始についてお知らせをします。本市では、これまでコミュニティバスを市内3ルートにおきまして導入してまいりました。しかし、その後も、残された公共交通空白・不便地区等につきまして検討を重ねて、その解消に向けた対策といたしまして、地域の特性に適した移動手段の実現、および将来の方向性について定めた「習志野市地域公共交通計画」を平成24年度に策定いたしました。この計画では、新たな地域公共交通を「あれば便利」ではなくて、「無くては困る」というように位置付けた上で、公共交通課題地区への導入を目指して、全ての市民を対象に鉄道駅やその周辺地区、また、買物施設や病院をはじめとした主要な生活施設などへの移動の利便性を図ることを目的といたしまして取り組んできました。
 このような中におきまして、来月11月5日火曜日から東習志野・実籾地域において、ワンボックス車両を使用した定時定路線型の実証運行を開始いたします。運行事業者は習志野タクシー株式会社で、この実証運行の中で、運行経費の半分を利用者によります運賃収入で賄うことができるかどうかを検証しまして、本格運行への移行を検討してまいります。
 なお、実証運行の開始につきましては、広報習志野10月15日号や本市のホームページに掲載するほか、市内公共施設に案内図・時刻表を用意いたしまして運行地域をはじめ、全市的に周知を図っております。 詳細につきましては、企画政策課までお問い合わせください。 是非、新しい地域の公共交通として多くの皆様のご利用をよろしくお願いいたします。

「食とくらしの祭典」開催について

 続きまして、すっかり恒例となりました「食とくらしの祭典」の開催につきましてお知らせいたします。 11月9日・10日土曜日・日曜日の両日、市役所前グラウンド、体育館、そして保健会館別館にて、「食とくらしの祭典」と題しまして、『第46回農業祭』、『第44回ガスフェスタ』、『健康フェア』、『消防・救急フェア』の4つのイベントを同時に開催いたします。暮らしに役立つイベントの同時開催によりまして、今年度もより一層多彩な内容で、ご来場いただいた方々にお楽しみいただけるものとなっております。主な内容といたしましては、「農業祭」では、市内の農家の皆さんが精魂込めて作った地元の新鮮野菜を直売する他、優秀野菜の審査および展示、模擬店、動物とのふれあい体験コーナー等のほか、ステージでは、和太鼓やお囃子の演奏、フラダンス、歌謡ショーなど、ご家族揃って楽しんでいただける企画をたくさんご用意しております。また、会場の入り口には、JA千葉みらいの青壮年部の皆さんが自慢の野菜を持ち寄って作った大きな宝船がお迎えをします。なお、この宝船の野菜を販売した収益の一部は、市に寄付していただけるとのことでございます。
 また体育館で行われる「ガスフェスタ」では、各種ガス機器、そして高効率給湯器の展示・販売をはじめ、料理の実演、マイナス162℃の世界、バルーンマジック、お楽しみ抽選会など楽しい企画が盛りだくさんとなっております。寒くなっていくこの時期、ガス器具の交換やご購入をお考えの方はもちろん、どなたでも詳細な説明を受けられ、役立つ情報も満載です。またこの体育館の中ではすっかり恒例となりつつあります、習志野市のマーク入りの特製あんまん、肉まんを50円で販売します。是非、足を運んでみてください。
 そして「健康フェア」では、土曜日には骨密度測定、日曜日には医師によります健康相談、お薬相談、血管年齢測定、むし歯菌元気度チェックなど健康に関した内容を企画しております。保健会館別館では、口腔がん検診、歯科相談も行います。この機会に、是非受診してみてください。また習志野市で作りました、心の判定ができるようなクリアケースを皆さんにお配りしております。色々なことが楽しめるということでぜひお越しいただければと思います。
 そして「消防・救急フェア」につきましては、いざという時のために、AEDを使用した心肺蘇生法、はしご車や消防車両への乗車、子供用防火服の着用、消防車からの放水など各種体験コーナーを用意しております。また、住宅用火災警報器に関するアンケートに協力していただいた方全員に、災害時に居場所を知らせる緊急用ホイッスルと消防車ティッシュケースを差し上げます。 なお、当日は、会場周辺が大変混雑いたしますので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。また、雨天の場合は、イベントごとに対応が異なりますので、広報習志野11月1日号やホームページをご確認頂きまして、詳細については、各担当までお問い合わせください。
 11月9日・10日、土曜日・日曜日の両日、市役所前グラウンド、体育館、保健会館別館で開催します「食とくらしの祭典」、ぜひ皆様のご来場を待ちしております。

健康なまちづくり条例施行記念シンポジウム開催について

 最後になりますが、11月23日土曜日、午後3時30分から京成大久保駅前の習志野市民会館で開催する「健康なまちづくり条例施行記念シンポジウム」について、お知らせいたします。本市では、平成25年4月1日に「習志野市からだ・心・歯の健康づくりを推進し地域社会全体で個人の健康を支え守るための社会環境の整備に取り組むまちづくり条例」、(通称)健康なまちづくり条例を施行いたしました。このシンポジウムは、条例施行に合わせて、市民の皆さんの健康づくりの気運を高め、健康づくりの実践へとつなげ、健康なまちの実現を目指すことを目的としております。ヘルスプロモーションの考え方に基づくこれからの健康づくりと、さまざまな皆様が主役となった健康なまちづくりに向けた取り組みについて、広く情報を発信し、市民の皆さんとともに考える機会として、開催するものでございます。シンポジウムの第1部では我が国のヘルスプロモーションの第一人者とされます、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科島内(しまのうち)憲夫(のりお)教授によります基調講演を行います。第2部では、基調講演をしていただいた島内教授、習志野市健康なまちづくり審議会会長であり、習志野市医師会会長の堀部(ほりべ)和夫(かずお)先生、習志野市を拠点にして活動しているアメリカンフットボールチームオービックシーガルズ運営事務局の取締役である渡部(わたなべ)滋之(しげゆき)さん、そして私の4人によりまして、「健康なまちづくりに向けた取り組み」についてパネルディスカッションを行います。なお、オービックシーガルズさんは日頃の練習に常にスポーツ科学を取り入れたさまざまな練習を取り入れております。その後、会場とパネリストでの質疑応答を予定しております。このシンポジウムは、みなさんが健康づくりに興味を持っていただいて、生涯にわたって生き生きと安心して幸せな生活を送って頂けるよう少しでもお役に立てるものにしたいと考えております。
 11月23日土曜日、午後3時30分から京成大久保駅前、習志野市民会館で開催する「健康なまちづくり条例施行記念シンポジウム」、皆様、是非ご参加ください。詳細につきましては、健康支援課までお問い合わせください。なお、健康なまちづくり条例施行後、市民の皆さんの模範となるよう、健康づくりの一環として、職員もしっかり健康づくりをしようということで、先月から「ならしの健康ラジオ体操クラブ」を設立しまして、毎週月曜日の始業前に庁舎内でラジオ体操に取り組んでおります。私クラブ員として参加しております。
 また、ホームページの中におきましては「私の健康づくり」と題しまして、職員あるいは私の方から健康づくりに対して日頃のことを紹介する、そんな取り組みを行うなど市民の皆さんの先頭に立って市職員が取り組むなどしております。市民の皆さんと共に健康なまちづくりにしっかりと取り組んでまいります。
 以上、私からの説明とさせていただきます。

トピックス1

トピックス2

トピックス3

トピックス4

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは広報課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-9220 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る