このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

スポーツと遊び心 【7月1日更新】

更新日:2017年7月1日

オービックシーガルズがパールボウルで優勝しました!

 6月19日、東京ドームでアメリカンフットボール東日本社会人選手権「パールボウル」が開催され、我らがオービックシーガルズが、2年連続優勝を目指すIBMビッグブルーを倒して優勝しました!
 試合は、すべてのクォーターで得点が記録される白熱した展開。シーガルズは第1クォーターからMVPにも選ばれたワイドレシーバー水野太郎選手がキックオフリターン・タッチダウンのビッグプレイなどで16対6とリードするも、IBMビッグブルーもじわじわと追い上げてくる。大詰めの第4クォーターにはタッチダウンパスが成功して29対20と引き離し、これで決まりかと思いきや、直後にIBMがキックオフリターン・タッチダウン返しで僅か2点差に。このピンチをQBサックの大技で凌ぎ切り、見事に2大会ぶりの優勝を果たしました。最後まで手に汗握るアメリカンフットボールの魅力が詰まった好ゲームでした。

センターから新加入のQBウーズィーへスナップ
センターから新加入のQBウーズィーへスナップ

WR水野選手のキックオフリターン・タッチダウン
WR水野選手のキックオフリターン・タッチダウン

「スポーツ」の語源

 スポーツという言葉の語源はラテン語の「desportare:憂いを持ち去る」です。これが古フランス語の「desporter:気晴らしをする」に転じ、イギリスに渡って16世紀にdisが省略されて「sport」になったと言われています。
 その頃の「sport」には、食事や女性を口説くことまで含まれていたそうです。オックスフォード英語辞典には「娯楽。冗談。音楽や詩を表現すること」という意味も載っています。
 現在ではスポーツは大きく分けて、プロスポーツ、競技スポーツ、生涯スポーツに分類できます。スポーツというと「身体を動かすこと」のイメージが強いですね。でも、語源をたどってみると、「遊び心」が付随しているのが本来のスポーツなのかもしれません。

決勝戦には全チームのチアガールが集結
決勝戦には全チームのチアガールが集結

水を補給するスタッフも全力疾走
水を補給するスタッフも全力疾走

スポーツと遊び


 遊びの研究といえば、フランスの社会学者ロジェ・カイヨワの4要素による分類が有名です。ご存知の方も多いかもしれません。
 アゴン(競争:かけっこなど)、アレア(偶然:くじ引きやじゃんけん)、ミミクリ(模倣:ごっこ遊びや演劇、RPG)、イリンクス(めまい:ジェットコースターやお化け屋敷)。
 プロスポーツを観戦することには、この4要素がすべて含まれています。アメリカンフットボールも然り。両チームの激しい点の取り合いはアゴン。楕円形のボールの不規則なバウンドはアレア。高度な戦略に基づくプレーを見て身体がうずくのはミミクリ。そして、チアリーダーと共に声を張り上げて応援するというスタジアムの興奮はめまいを伴うイリンクス。
 アメリカンフットボール観戦にはそれが高度に集約された形で含まれているので、本場アメリカでは視聴率50%を超える国家レベルの興奮を呼んでいるのでしょう。
 

秋津に見に行こう!

 スポーツと地域振興というテーマは近年よく語られます。プロチームと企業型チームの地域密着経営はかつてはファンクラブを充実させたり、無料チケットを配るということが中心でしたが、近年は社会貢献活動を意識して行われることが多くなってきました。オービックシーガルズも「ホームタウン活動」に力を入れていて、「谷津干潟の日フェスタ」や「キャンドルナイトinならしの」に参加したり、確定申告をPRしたり、人気沸騰中の「こども健康大学」にも新たに参加と、様々な形で本市の活動に協力していただいてます。ライスボウル3連覇を果たした2013年1月には「習志野市民栄誉賞」も受賞しています。本市が誇るチームであり、より一層地域に密着したチームであるべく活動をしています。

 しかし、「スポーツと地域振興」などと難しく考える必要はありません。まずは興味を持ってみること。そして実際に生で見てみる、体感してみることです。

 100kgが駆ける。100kgが跳ぶ。100kgと100kgが激突する。

 生で見る迫力。これには代えがたいものがあります。

勝利を決めたQBサック!
勝利を決定づけた守備陣のビッグプレイ、必殺QBサック!

 アメリカンフットボールの瞬発力の測定は、40ヤード(36.5m)を基準に行いますが、この間の加速力は、短距離を得意とする陸上選手をはるかに凌ぐといわれています。そんなスピードを持った100kg超の大型選手の肉体が躍動する。

 パールボウルの決勝戦、私もカメラを片手に観戦していましたが、この迫力はぜひ多くの人に体感してほしいと思いました。

 ルールが難しいのでは?と思う方もご心配いりません。攻撃はパスかランだけ。相撲と野球の良さが合体したものと表現する人もいます。初めての方も少し見れば理解できます。

 9月24日。秋津のフロンティアサッカーフィールドでホームゲームが開催されます。気軽に、間近で、生で迫力を味わえるチャンスです。

勝利の瞬間は燃えます!
勝利の瞬間は燃えます!

 スポーツを楽しむのに、難しく考えることはありません。見てみよう、やってみよう、そんなちょっとの遊び心があればいいと思うのです。

(まちづくり広報監)

問い合わせ先

このページは各部局長が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151 FAX:047-453-9313

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る