このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

音頭の調べと藤崎散歩【11月15日更新】

更新日:2016年11月15日

習志野魅力探訪「藤崎〜30分のタイムスリップ〜」

 今年できあがった「藤崎よいとこ音頭」のCDが届きました。藤崎の歴史を感じる歌詞と軽快なテンポの楽曲で、とても耳になじむので繰り返し聞いていたところ、秋の散歩に出かけてみたくなりました。

森林公園の池
森林公園の池

 森林公園から散策をスタート。ちょうどこの日は池にカワセミが来ていました。再現された田島停車場には木曾で木材の運搬に使われていた森林鉄道のトロッコ列車が展示してあります。枕木にもたれて2匹の猫が昼寝をしていました。

すぐ見上げたところにある旧大沢家住宅は、寛文4年(1664)に建てられた住居を長生村から移築復原したものです。東日本最古の古民家の一つといわれるように、房総民家の風情がたっぷりです。

古民家の風情たっぷり大沢家住宅
風情たっぷり旧大沢家住宅

 森林公園を抜けると堀込貝塚が見えます。訪れたのは10月半ばでしたが、市民農園で丹精されたひまわりが咲いていました。堀込貝塚には富士山の溶岩で築いた富士塚があります。少し歩くと藤崎古道。竹林に囲まれて、しばしのタイムスリップ気分です。

手前に市民農園のひまわり、奥に堀込貝塚の写真
10月のひまわりと堀込貝塚

藤崎古道 竹林の中の抜ける坂道
竹林の中を抜ける藤崎古道

 七福神の布袋様がいる正福寺の大イチョウは市の天然記念物で、幹の周りが約4メートル、高さは20メートル、樹齢400年の名木です。 少し歩いて道を折れると子安神社。境内には名木百選に選ばれたイチョウ、タブノキ、スダジイ、ムクノキ、ヤブツバキがあります。
 「藤崎」の名前の由来は、鷹狩りが大好きだった徳川家康が東金に向かう途中で子安神社で休憩した時に、境内の藤の花が見事だったことから「藤咲村」と命名したのが起源といわれています。

神社の境内でくつろいで寝転んでいる猫の写真
子安神社境内の猫

「よいとこ音頭」の歌詞にあわせたプチ散歩。30分ほどの道のりでいろんな時代に思いを馳せることができました。

(広報習志野11月15日号加筆修正)

まちづくり広報監 月村

問い合わせ先

このページは各部局長が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151 FAX:047-453-9313

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る