このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度総合防災訓練事前説明会の結果について【7月19日更新】

更新日:2017年7月19日

本年9月24日(日曜日)に行う「平成29年度習志野市総合防災訓練」に関する市民事前説明会を6月17日(土曜日)から7月15日(土曜日)までの間、毎週土曜日に市内合計17箇所の小学校等で行い、自主防災組織の長や町会長等延べ575名の方に参加いただきました。
 今回の総合防災訓練は、市役所、関係機関の連携による訓練を実施し、「公助力の強化」を図るとともに、市民が発災直後の初動を確認し、「自助力・共助力の向上」を図ることを目的とした広く市民が参加できるような実践的な訓練を行います。
 その内容は、市民の皆さんが行う市民初動訓練、避難所運営訓練と、市職員が行う災害対策本部訓練、職員安否確認訓練、地区対策支部訓練、災害医療本部訓練を実施します。
 今回の総合防災訓練の特性は、9月24日(日曜日)午前9時に習志野市直下を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し、習志野市において震度6強を観測したとの想定の下、市民の方と市職員が同時に対処行動をスタートさせ、実災害時を想定した時間経過(一連の訓練状況)の中で行動し、市民の方と市職員が互いに連携し、発災直後にとるべき行動を体験、確認することとしています。
 市民の方には、発災後の初動訓練として各家庭等で地震の揺れから身を守る「シェイクアウト」、揺れがおさまってからガスの元栓や電気のブレーカーを切る「火災予防措置」、隣近所での声かけによる「安否確認」を実施していただきます。
 市民初動訓練において実施する「シェイクアウト」、「火災予防措置」及び「安否確認」は、「自助・共助」の観点から直接、各個人の生命・財産を守ることにつながり、災害における被害を最小限にとどめるため、非常に重要なものです。
 市職員についても「シェイクアウト」と「火災予防措置」を実施した後、公共交通機関が途絶している前提で、電車、バス、乗用車等を使わず、バイク、自転車または徒歩や駆け足で市庁舎に集まり、災害対策本部を立ち上げ運営するとともに、各避難所や地区対策支部へ配置する職員を派遣し避難所等を開設します。
 避難所開設後は、市民の方に主体となっていただき、避難者の受付け、生活グループの編成、避難所運営委員長の選出などを行い、避難所の組織づくりや避難所運営委員会会議も体験していただきます。そして、訓練については、午後0時30分に訓練状況の終了を予定しています。
 説明会では、参加者の皆さんに訓練の目的や当日の動きについて理解を深めていただくとともに、「より実際的にやるべきだ。」、「避難所運営はこうすればより効果的」等々の積極的なご意見や貴重なご意見を多くいただきました。いただいた意見について反映できるものは速やかに反映し9月の総合防災訓練に備えて参ります。また、訓練を実施してのご意見、問題点・対策等は地域防災計画やじ後の防災訓練等へ反映していきますので、訓練終了後にも積極的なご意見を宜しくお願いします。

問い合わせ先

このページは各部局長が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151 FAX:047-453-9313

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る