このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年12月掲載分

更新日:2016年1月6日

歴史の重さと伝統の美しさ!「下総三山の七年祭り」(千葉県指定無形民俗文化財)

2015年12月1日


 およそ570年の伝統があり、習志野市、船橋市、千葉市、八千代市の9神社が寄り合いで、数え七年ごとに行われる「下総三山の七年祭り」、(ひつじ)年の今年は10月31日〜11月3日に行われました。
 安産と子育てを祈願する祭りとして知られる七年祭りでは、9神社の役割が一族一統のように説明され、例えば市内神社では、津田沼の菊田神社が(叔父)、実籾の大宮大原神社は(叔母)と言われています。

 菊田神社の神輿は、市役所十字路、京成津田沼駅前、京成大久保駅前、ワイがや通り、国道14号線付近など、日にちごとに異なったコースを巡り、大変にぎわいをみせました。
 最終日の11月3日は、晴天に恵まれ、勇壮な神輿が威勢の良い掛け声とともに袖ケ浦1丁目付近まで練り歩き、沿道の大勢の観衆から喝采を浴びていました。

 千葉県指定無形民俗文化財にふさわしく、伝統的な半天に金棒を持ち、白粉で化粧した若衆が先行して、伝統の烏帽子(えぼし)に白装束の神職が提灯を掲げて続き、四神旗の行列が練り歩きました。
 子どもたちも元気に祭りを楽しんでいて、さすが古くから市民に親しまれ、格式と伝統に基づく素晴らしい祭りだと感銘を受けました。

 習志野市史によれば菊田神社は弘仁年間(810〜823年)に創建された久々田村(現津田沼)の産土神(うぶすながみ)で久々田大明神と称されていたが、宝暦年間(1751〜1763年)に菊田神社と改称された歴史があるということです。
 伝統と歴史に裏付けられた格式高い祭りを見て、市民としての誇りを感じました。

【問合せ】社会教育課
取材・写真:広報まちかど特派員/佐藤清志さん

問い合わせ先

このページは広報課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階
電話:047-453-9220 FAX:047-453-9313

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る