このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

都市計画キッズページ8〜まちづくりは誰がどうやって決めるの?(都市計画手続き)〜 

更新日:2010年4月12日


まちづくりのルールを決めるときに、よく「市民の人たちの意見を聞いて」ってあるけど、どうやって聞くのかな?

市民の人たちの意見を反映させるための機会(きかい)を何回かつくっているんだよ。
まずは「都市計画(としけいかく)の案」を作る段階で、案のもととなる「素案(そあん)」をつくるんだ。

そして「公聴会」という「都市計画(としけいかく)の素案」の内容を説明する場をつくって、関係する人たちの意見を聞くんだよ。
そこで自分たちのまちをよくするにためにはどうすればいいのか、みんなで考えるんだ。<公聴会

その後、「都市計画の案」が大体決まったら、「こんな【都市計画の案】が出来ました。市役所の都市計画課窓口で自由に見られるので、何かご意見などがありましたら教えてください」と市はみなさんにお知らせをするんだ。<公告(こうこく)・縦覧(・じゅうらん)

次に、この時にみなさんが出してくれた意見と一緒に、「都市(とし)計画の案」を「都市(とし)計画審議会(けいかくしんぎかい)」に提出して、習志野市にふさわしい計画かどうかまた話し合うんだ。<都市(とし)計画審議会(けいかくしんぎかい)

 
都市(とし)計画(けいかく)審議会(しんぎかい)」ってなに?

まちづくりのルールは習志野市のこれからの姿を決めるものだから、今、住んでいる人たちへの影響(えいきょう)も大きいよね。
だから、まちづくりのルールを決めるときは市役所の人だけで決めるんじゃなくて、市民の代表者、市議会議員(しぎかいぎいん)、大学の先生などの人たちと一緒になって、「習志野市にふさわしい計画かどうか」を会議で話し合って、決めることになっているんだ。

このように話し合う機関(きかん)を「都市(とし)計画審議会(けいかくしんぎかい)」というんだよ。

そこで「習志野市都市計画審議会」では習志野市にふさわしい計画かどうかしっかり話し合ったあと、法律で決まった手続きをして、習志野市のまちづくりのルールを決めるんだ。<習志野市都市計画審議会>

こうやってまちづくりのルールが決まることを「都市(とし)計画(けいかく)決定(けってい)」というんだ。<都市(とし)計画(けいかく)決定(けってい)

まちづくりのルールは、都市(とし)計画(けいかく)道路など習志野市だけではなく周りの船橋市や八千代市、千葉市にも影響を与えるような内容のものがあるので、その様なものは、千葉県が決めることになっているんだよ。<千葉県都市(とし)計画(けいかく)審議会>

 
色んなところで、色んな人達の意見を聞いているんだね。

そうだよ。みんなで協力してまちづくりのルールを作っていくんだ。
だから、まちづくりのルールを作るということはとっても大変なんだよ。
二人も「自分には関係ない」と思わないで、これから自分たちのまちをもっとよくするためにも協力してもらいたいんだ。
 

 
は〜い!
 

関連情報

問い合わせ先

このページは都市計画課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎4階
電話:047-453-9227 FAX:047-453-7384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る