このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

習志野きらっとこども園特区

更新日:2016年7月6日

平成16年12月8日に、習志野市のこども園の事業が「習志野きらっとこども園特区」として構造改革特区に認定されました。

構造改革特区とは、地方公共団体(や民間事業者)等の自発的な立案により、地域の特性に応じて規制の特例を導入する特定の地域(特区)を設け、当該地域での構造改革を進め、地域の活性化、ひいてはわが国経済の活性化を図る制度です。

いまの法では幼稚園児と保育所児が同じ部屋で同じ保育者の保育(合同保育)を受けることが規制されています。この特区によってこの規制が緩和され、本市のこども園での幼稚園・保育所の合同保育が可能になります。国は、この「習志野きらっとこども園特区」計画によって、当該地域での構造改革を進め、地域の活性化、ひいてはわが国経済の活性化を図るものとして特別に規制を緩和しました。

本市のこども園は、幼稚園、保育所だけでなく、未就園児全ての子ども達を視野に入れた施策展開をすることが特長です。特区によって、将来にわたり子育ち・子育てにおける本市独自の総合的で多様な事業実施が可能になります。この特区認定を足がかりに、知恵と工夫によるまちづくりを進め地域の活性化を図ると共に、今後、本市のこども園が全国レベルに波及し、全国的な規制改革、活性化を呼び起こすものと期待されています。

構造改革特別区域計画認定書 平成16年12月8日認定

特区の名称

習志野きらっとこども園特区

特区の範囲

習志野市全域

特区の目標

  • 1. 幼稚園・保育所の4歳、5歳児を対象にした合同保育
  • 2. 幼稚園での預かり保育
  • 3. 保育所での延長保育、産休明け保育
  • 4. 未就園児やその保護者に対する一時保育や地域子育て支援センター

規制が緩和される事業

  • 幼稚園における幼稚園児及び保育所児等の合同活動事業(事業番号 807)
  • 保育所における幼稚園児及び保育所児の合同活動事業(914)

資料

第6回認定 構造改革特区概要
(構造改革特別区域推進本部ページへジャンプします)

平成17年11月22日規制の特例措置の全国展開に伴い、認定が取り消しとなりました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページはこども政策課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-7397 FAX:047-453-5512

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る