このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

障がい者施策に関する計画

更新日:2018年6月15日

「第4期習志野市障がい者基本計画」(障がい者施策に関する基本計画)
「第5期習志野市障がい福祉計画」
「第1期習志野市障がい児福祉計画」 を策定しました。

障害者基本法に基づく市町村障害者計画である「第4期習志野市障がい者基本計画」(障がい者施策に関する基本計画)と、障害者総合支援法に基づく市町村障害福祉計画である「第5期習志野市障がい福祉計画」、児童福祉法に基づく市町村障害児福祉計画である「第1期習志野市障がい児福祉計画」を策定しました。

1.計画の目的

<障がい者基本計画>
国の動きや社会情勢、地域の課題を踏まえ、今後6年間において充実すべき施策や事業について新たな方向性を示した、障がい福祉施策に関する総合的な計画です。

<障がい福祉計画・障がい児福祉計画>
第4期基本計画と国の指針を踏まえ、障がいのある人の自立と社会参加の実現を図るために必要な福祉サービスその他の支援についての見込量等を定めています。

2.計画期間

<障がい者基本計画>
平成30年度〜平成35年度

<障がい福祉計画・障がい児福祉計画>
平成30年度〜平成32年度

3.障がい者基本計画について

めざすべき将来像

「誰もが互いに人格と個性を尊重し、地域で自分らしく暮らすことができるみんなのまち習志野」

障がいへの理解を基礎に、地域で暮らす誰もが互いに尊重し合い、安心感と自己肯定感を持って暮らすことのできる「共生社会」を実現するために、「誰もが互いに人格と個性を尊重し、地域で自分らしく暮らすことができるみんなのまち習志野」をめざすべき将来像として掲げます。

基本視点

アンケート結果等に基づく現状分析を踏まえ、めざすべき将来像を実現するために、次の3つの「基本視点」を設定しました。この視点をポイントとして、重点課題以下の計画体系を構築しています。

1.自立と共生
2.障がいへの正しい理解と権利擁護
3.切れ目ない支援

重点課題

めざすべき将来像に向けた基本視点を踏まえ、計画期間に取り組むべき重点課題を設定しました。

1.障がいのある人への理解の促進
2.暮らしを支えるサービスの充実
3.就労等を通じた社会参加の促進
4.障がい児支援・発達支援の充実
5.相談支援の充実
6.情報コミュニケーション保障と権利擁護の推進
7.社会資源の充実

4.「第4期習志野市障がい者基本計画(障がい者施策に関する基本計画)・第5期習志野市障がい福祉計画・第1期習志野市障がい児福祉計画」ダウンロード

本編 <一括版>

本編 第2編第4章 重点課題1から7 <一括版>

本編 <分割版>

概要版

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは障がい福祉課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎1階
電話:047-453-9206 FAX:047-453-9309

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る