このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

「先輩職員の声」〜事務職〜

更新日:2018年7月4日

 これから習志野市職員を目指す人のために、現在習志野市に勤務する職員が、仕事の内容・やりがい・魅力等について紹介します。

事務職(一般事務)


長束 友希央
政策経営部
広報課
(平成27年度入庁)

・習志野市職員を志したきっかけは?
 私は習志野市生まれ、習志野高校の出身です。幼い頃から地元でスポーツを始め、多くの人と出会い、国際大会にも出場することができました。私が夢に向かって努力できたことへの恩返しをとの思いで市職員を志しました。
・現在どのような業務を担当していますか?
 「広報習志野」の作成を担当しています。原稿担当課と相談しながら案分等を作成し、3度の校正でミスをチェックします。一眼レフと望遠レンズを担いで取材も行います。広報紙は、市政情報を市民にしっかり届けるという重責を担っているメディアなので、モニターを委嘱しているまちかど特派員の意見を聞き、反映させることも重要な仕事です。
・仕事をするうえで心掛けていることは?
 市民が必要としている情報とは何か、いつも市民の目線に立って考え、単に「伝える」のではなく、しっかりと「伝わる」紙面を心掛けています。また、私事ですが、昨年、出産しました。育児休暇を経て春から復職しましたが、上司・同僚との連携を常に図り、担当業務が滞ることのないよう心掛けながら、育児と両立しています。

・仕事のやりがい、魅力は何ですか?
 「あのイベントへ行った」「〇〇の情報が役に立った」などの声を市民から聞くと、みなさんの生活の中で広報紙が役立っていると実感できてやりがいを感じます。また、自分が取材・撮影をした素材が広報紙として完成した姿を見ると、次回はもっとこうしよう、もっといい写真を撮れるよう頑張ろうと、次への活力につながります。

事務職(一般事務)


菊池 司
協働経済部
産業振興課
(平成29年度入庁)

・習志野市職員を志したきっかけは?
 高校在学中、習志野市の行事に多く参加し、自分自身も習志野市の職員として、盛り上げていきたいと思い、職員を志望しました。

・現在どのような業務を担当していますか?
 産業振興に係る業務を担当しています。具体的には労働者や求職者への支援や、市内の中小企業に対しての支援、他にも習志野市マスコットキャラクター「ナラシド」のPR、イベントの運営等、習志野市のプロモーションも担当しています。

・仕事をするうえで心掛けていることは?
 市の職員として、常に全体の奉仕者としての自覚をもって仕事をしています。
また、イベント時や「ナラシド」のPR時には、来てくださった方が来てよかった、と思えるよう、全力で仕事をしています。

・仕事のやりがい、魅力は何ですか?
 産業振興課では、窓口業務からイベントの運営など様々な仕事があります。仕事の中で多くの市民の方と接し、「ありがとう」と言われた時、やりがいを感じます。
また、イベントでは、楽しく仕事ができ、参加者の楽しそうな姿を見た時、強くやりがいを感じます。

事務職(一般事務)

晴山 紗希
協働経済部
窓口サービス推進室市民課
(平成25年度入庁)

・習志野市職員を志したきっかけは?
 高校在学中、音楽やスポーツの舞台で習志野高校の名前を聞くことが多くありました。市立で代々素晴らしい成績を残す高校を支える市の取り組みに興味を持ったのがきっかけです。教育へ強い力を注いでいる習志野市の政策を自分の目でみたいと思い、習志野市職員を志望しました。

・現在どのような業務を担当していますか?
 入庁から6年間、市民課にて戸籍業務を担当しています。出生から死亡まで人の一生に関わる届出の時間を窓口でお客様と共有できることは、担当にとってとても貴重な体験です。その届出を基に戸籍の編製をし、一人ひとりの身分関係を公に証明する戸籍謄本として皆様へお届けしています。

・仕事をするうえで心掛けていることは?
 戸籍届出はひとつとして同じケースがありません。そのため様々な届出に正確に対応できるよう日頃から法令等を学び、自ら進んで知識を深める「学びの姿勢」を心掛けています。また、戸籍に関する相談窓口として市民の方々が気軽に立ち寄れる雰囲気づくりに励んでいます。

・仕事のやりがい、魅力は何ですか?
近年の国際化に相まった複雑な届出が提出された際、一つ一つ法律を紐解いて正解を導き出せた時はとてもやりがいを感じます。また、出生や婚姻といった幸せな届出に携われることが魅力です。はじまりの届出に「おめでとうございます」を直接お伝えできるのは市民課ならではだと思います。

事務職(社会福祉士)


福田 大志
健康福祉部
障がい福祉課
(平成24年度入庁)

・習志野市職員を志したきっかけは?
 社会福祉士としての就労先は多岐に渡りますが、一つの福祉分野に限らず、より幅広い分野にて働きたいと思い、幼いころから馴染みがあり、福祉行政に力を入れている習志野市職員を志望しました。
・現在どのような業務を担当していますか?
 障がい福祉課に配属され、ケースワーカーとして働いています。主な業務内容は障がいのある方に対する相談支援業務、福祉サービスの支給決定事務になります。サービスを利用されている方や新たに利用を希望する方のお宅へ訪問し調査を行うことや、関係機関へ訪問し支援方法を検討する為の会議に出席することもあります。

・仕事をするうえで心掛けていることは?
 障がいのある方やそのご家族様が市役所へ相談に訪れる理由はそれぞれ異なります。相談される方の気持ちに寄り添い、課題を解決する為の方法を一緒に考えてから必要なサービスをご提案させていただくよう心掛けています。最終的にはご本人様の意思を確認した上で、必要な手続きを行っていただくことが大切だと思います。

・仕事のやりがい、魅力は何ですか?
 ケースワーカーは市民の方との距離感がもっとも近い職種の1つです。厳しいお言葉を頂くこともありますが、感謝のお言葉を直接頂いた際にはとてもやりがいを感じます。又、専門職として、学んできた知識や経験を活用できることが魅力の一つです。私はこれまで生活相談課に配属されておりましたが、過去の実務経験が現在の仕事に繋がることを実感しております。

問い合わせ先

このページは人事課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-9216 FAX:047-453-1547

キャッチボールメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

職員採用試験

よく使われるものから探す

  • 夜間・休日・救急診療
  • ごみ・リサイクル
  • ハッピーバス 地域バス
  • 習志野マップ
  • 庁舎・窓口 相談案内
  • 組織と業務
  • 届出・登録・証明
  • ガス・水道 下水道
  • 申請書 電子申請
  • スポーツ施設 予約システム
  • 図書館
  • 市民参加 審議会 パブリックコメント

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る