このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

平成26年度 男女共同参画啓発講座を開催しました

更新日:2016年6月24日

子育て中の女性を対象に、全5回の講座「ワタシへのごほうび講座2014〜ハッピーなワタシになるために〜」を開催しました。
この講座の企画・コーディネートは、NPO法人パートナーシップながれやま代表の山口文代さんにお引き受けいただき、男女共同参画啓発事業の一環として実施しました。 
 

  • 第1回 ひとりひとりが活かされる社会〜男女共同参画の視点から〜(9月18日)

講師:NPO法人パートナーシップながれやま代表  山口 文代 さん

普段、子育てや家事に追われ、自分自身のことが後回しになっているみなさんに対して、この5回の講座を自分のことを見つめ直し、これからの自分のために勉強する時間にしてほしいとお話がありました。

第1回目は、男女共同参画のあゆみ、女性差別の歴史と現状に始まり、「女性だから」「男性だから」というジェンダー(注釈1)についての思い込みをほぐして、自分の生き方を見つめ直してみることも大切だと語られました。知らず知らずのうちに性別のイメージだけで決めつけていたことなど、はっとさせられる場面もありました。

ジェンダー(注釈1) 人間は生まれついての生物学的性別(セックス)があります。一方、社会通念や慣習の中には、社会によって作り上げられた「男性像」「女性像」があり、このような「男性」「女性」の別を「社会的性別(ジェンダー)」といいます。

  • 第2回 ハッピーなワタシになるために!〜頑張りすぎない子育てのススメ〜(9月25日)

講師:NPO法人ネットワークBear代表 古澤 里美 さん

子どもを保育に預ける罪悪感や後ろめたさに対して、子どもは環境によって順応し、社会性を身に着けていくという話をされて、こころが軽くなった受講者も多かったようです。

子育てはひとりでするものではない。まわりを巻き込み甘えるところは甘える。
しっかり自分の気持ちを相手に伝えることの大切さ、などについて話されました。

  • 第3回 ママのための自己尊重・コミュニケーショントレーニング(10月3日)

講師:NPO法人サポートハウスじょむカウンセラー 高山 直子さん

アサーティブについて学び、「日常的に使っている話し方」が相手にどのように伝わっているか、また、言い換えることによって、どのように伝わるかを体感しました。
大切なことを伝えるためには、アイ(私・目)メッセージが重要です。

さらに、ことばの裏の意味を考えるのではなく、「ことばのままに受け止める」ことの大切さについても語られました。

  • 第4回 コラージュで描くワタシの未来〜視覚イメージを使って未来のキャリアを考えよう〜(10月9日)

    講師:シニア産業カウンセラー、十文字学園女子大学非常勤講師 森山 貴代 さん

今回は、過去3回の講座を通して感じたこと、また雑誌の切り抜きを利用し、未来のことを思い描いて、自分が大切にしていることを見える化していきました。

とても盛り上がり、作業していくうちに、ひとつの形になることで、「気持ちがすっきりした」、「やりたいことがはっきりした」、「子どもにもやらせてみたい」などの感想をいただきました。

第5回 ワタシの一歩を見つけた!〜自分らしく歩きはじめた先輩から〜(10月16日)
講師:NPO法人ながれやま子育てコミュニティなこっこ副代表 青木 八重子 さん
      習志野ママの市民団体 Donna Popolo 角 涼代 さん
チューター:NPO法人パートナーシップながれやま代表  山口 文代 さん

子育てをしながら、地域や社会へと一歩を踏み出して、ワタシらしさを見つけた先輩から体験談等を伺いました。

出産を機に離職した仕事のことや、一歩踏み入れた地域の中での孤立感、分からないことだらけの初めての育児など、誰にも相談できずに「モヤモヤ」としていたが、子育て中の母親のコミュニティに参加したことがきっかけとなり、そこで出会った友だちとコミュニティの運営に携わることになったそうです。

社会の中に情報は溢れているけれど、それをしっかり選択する力を身につけること、常にアンテナを張りめぐらせることが大事であると語られました。

ワタシの一歩を踏み出すために!!
・やりたいことをやる
・続けたい理由を考える(やめたくなる時がある)
・優先順位があるので、どっちを選んでも後悔しない、悩まない!!
 
参加者からは、「自分についてゆっくり考えて、向き合える時間となった」、「やる気や勇気をもらいました。」、「自分の人生を自分らしく生きることで、子どもたちが“ママってステキ”と思ってもらえると思いました。」等の感想が寄せられました。
 
 

問い合わせ先

このページは男女共同参画センターが担当しています。
所在地:〒275-0016 千葉県習志野市津田沼5丁目12番12号(サンロード津田沼5階)
電話:047-453-9307 FAX:047-453-9327

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る