このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.16 平成8年12月15日号 土地をめぐる争い

更新日:2007年8月22日

 今の時代でも土地に関わる争いはよく耳にするところですが、田畑の収穫物が生活の糧のすべてであった江戸時代の農民にとって、農地争いは文字どおり生死に関わる大問題でした。
 黄色に変色した一枚の古絵図が千葉県立上総博物館に保存されています。これは江戸時代の久々田村(今の津田沼周辺)と鷺沼村の農民たちの土地をめぐる争いの末、出された結論をしたためたものです。この時代、村々の周辺には「まぐさ場」とよばれ、自生する「まぐさ」を採集するための野原がありました。このまぐさは農民にとって、牛馬の飼料として、また作物を栽培するためのたい肥の原料として貴重なものでありました。多くの場合まぐさ場は、村民や付近の村々の入会地(共同利用地)として利用されてきました。
 久々田村と鷺沼村は現在の企業局から教育委員会にかけてのあたりをまぐさ場として共同利用していましたが、その利用権を巡って両村が争い、訴訟が起こされました。この訴訟は幕府の評定所での裁きとなり、従来の入会地としての慣行が認められ、村境を明確にした上で、共同利用していくという裁許(判決)が言い渡され、その証拠としてこの絵図が作成されました。絵図にはその村境が明確に墨書され、さらに関係者の割り印さえ捺されています。
 当時の農民たちが村の権利を守るため争ったこのまぐさ場は、今では閑静な住宅地として、その姿を変えています。

問い合わせ先

このページは社会教育課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎2階
電話:047-453-9382 FAX:047-453-9384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る