このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.126 平成23年7月15日号 2万年前の人たち『谷津貝塚埋蔵文化財発掘調査報告書1』の刊行

更新日:2012年10月24日

2万年前の人たち『谷津貝塚埋蔵文化財発掘調査報告書1』の刊行

 今から2万年前、習志野の地ではどんな人たちが暮らしていたのでしょうか。
 JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業に伴い、谷津貝塚で発掘調査が行われていましたが、そのうち平成19年度分について整理作業が完了し、報告書が刊行されました(『谷津貝塚埋蔵文化財発掘調査報告書1』)。この報告書に掲載されているのは、市立第一中学校の周辺で行われた5カ所の調査地点の調査で、すべて旧石器時代のものです。今のところ市内で最も古い(今から2万数千年前〜1万数千年前)人類の活動の跡といえます。石器や剥片(はくへん)(石器を作る際などに出る石のかけらで、そのまま道具として使われることもある)など3千7百点以上の遺物が出土しました。また、細かな炭化物が5メートル程度の範囲に集中している地点や、焼けた(れき)(小石)の集まりが発見されており、これらは火をたいた跡だと推定されています。

 旧石器時代はかなり寒冷な気候でした。海面は現在より100メートル以上低く、東京湾も陸地でした。人々は一カ所に長期間住むことはなく、短期的な滞在と移動を繰り返しながら狩猟と植物採集により食料を得て暮らしていたと考えられています。
 石器に用いられた石材の検討などによれば、谷津貝塚の石器を残した旧石器人たちは、西関東方面から当時は川沿いの低地だった東京湾付近を経てこの地に至った可能性があります。広範囲にわたる移動生活の途中で、この地に滞在したということが想定できるようです。
 この報告書は市立の図書館で閲覧することができます。

「新ならしの散策」のバックナンバーは、市ホームページのこちらから見ることができます。

付記

谷津貝塚は旧石器時代だけでなく、古墳時代・奈良時代・平安時代にわたる遺跡です。本格的な調査が進められる前、貝殻が遺跡のあちこちに見られたため「貝塚」という名がつけられました。調査の進展により、谷津貝塚で見られる貝殻の多くは、古墳時代〜平安時代の複数の竪穴住居跡の中に廃棄された貝殻の堆積(貝層)に由来することがわかってきました。旧石器時代の貝塚は確認されていません。遺跡名から見てまぎらわしい点がありますが、調査の順番としては先に谷津貝塚という遺跡名がついており、その遺跡の中で旧石器時代の遺物も見つかったということになります。

問い合わせ先

このページは社会教育課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎2階
電話:047-453-9382 FAX:047-453-9384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る