このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.115 平成21年7月15日号 東金(御成)街道の案内板

更新日:2010年12月16日

東金(御成)街道の案内板

 今年3月、藤崎1丁目の藤崎交番交差点にある東金(御成(おなり))街道の案内板を改修しました。この機会に内容も一新したので、紹介します。

 東金街道は、徳川家康が上総国東金(現東金市)での鷹狩りに向かうための通行路として造られたと言われ、御成街道とも呼ばれます。船橋を起点として、市内の藤崎・大久保新田・実籾を通り、犢橋(こてはし)金親(かなおや)小間子牧(おまごまき)を経て東金に至る約37キロメートルの道です。

 

 慶長18年(1613)12月、家康は翌年正月に東金で鷹狩りを行うため、佐倉藩主土井利勝に東金までの新道築造を命じ、沿道の村に工事が割り振られ、「提灯(ちょうちん)街道」「一夜(いちや)街道」の別名があるように、昼夜兼行(けんこう)の工事でごく短期間のうちに完成させたと伝えられています。ただし、家康がこの道を初めて使ったのは元和元年(1615)11月ですので、実際の完成はこの頃だったと考えられます。

この道は鷹狩りのためだけでなく、政治的・軍事的な理由から造られたという説があり、また、家康の鷹狩りには軍事訓練・周辺諸大名の牽制(けんせい)・権威の誇示・庶民の視察などの目的もあったと言われています。徳川秀忠(ひでただ)も鷹狩りのためにこの道を何回か通行しましたが、寛永(かんえい)7年(1630)を最後に東金での鷹狩りは行われなくなり、この道は役人の通行路・民間の物資輸送路・庶民の生活道となり、大部分は今日も道路として使われています。

なお、ここから南東100メートルほどの位置に一部が残る藤崎古道は、東金(御成)街道以前の道の名残であると伝えられています。

 東金(御成)街道については、「新ならしの散策」のNo.44〜46(平成12年)でもとりあげています。市ホームページでご覧いただけます。

問い合わせ先

このページは社会教育課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎2階
電話:047-453-9382 FAX:047-453-9384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る