このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.97 平成19年3月1日号 縄文2−縄文土器の文様−

更新日:2007年8月23日

新ならしの散策 No.97

縄文2−縄文土器の文様−

 前回紹介したように、縄文は土器づくりの時に、粘土が柔らかいうちに縄(撚紐)を押しつけながら転がしてつけたものです。この時に使う撚紐(縄文原体)の撚り方や材質、転がす方向の違いによって、縄文は実に多種多様です。

 縄文時代のうち、最も縄文の種類が多いのは関東地方の縄文時代前期の土器でしょう。世界的に見ても、縄文という文様が最も発達した地域・時代であったと考えられます。市内の実籾霊園遺跡ではこの時期の土器がたくさん出土していますので、その一例を紹介しましょう。

 写真上段の土器の胴のあたりには、前回紹介した縄文よりもかなり複雑なパターンの模様が見られます。写真下段にその原体を復元しました。撚りの方向が互いに逆な2本の撚紐を撚り合わせたもので、専門的には直前段合撚と呼ばれる(山内清男『日本先史土器の縄紋』ほか参照)縄文原体です。これを作るには撚り合わせる作業を5回も繰り返さなければなりません。

 実際に作ってみますと手先の器用さと熟練が必要なことがよくわかります。縄文人のみごとな手わざを、このようなところからも知ることができます。

問い合わせ先

このページは社会教育課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎2階
電話:047-453-9382 FAX:047-453-9384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る