このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.72 平成16年8月1日号 習志野市誕生1 幻の大習志野市構想

更新日:2007年8月23日

新ならしの散策 No.72

習志野市誕生 1 幻の大習志野市構想

 今年は昭和29年(1954年)に習志野市が市制を施行してから50年目にあたります。そこで4話連続で習志野市成立にかかわる話を掲載します。
 これは今から70年ほど前の昭和10年代のことですが、当時千葉市と船橋市に挟まれていた津田沼町・幕張町・犢橋(こてはし)村・大和田町・睦(むつみ)村・豊富村・二宮町の7町村が合併して、大習志野市を建設しようという構想がありました。
 そんな構想の中心にいたのが、当時津田沼町長であった吉野信氏でした。吉野町長は町長の職務を執りながら、千葉県会議員の職務もこなすという有力な政治家で、ご子息は後に習志野市長となる孝氏です。吉野町長はこの構想を実現するため、多忙な職務の合間を縫って説明に各町村をまわり、首長の交代があれば訪問し構想への協力を依頼するというように、次第に構想実現への歩を固めていったということです。

 もしこの構想が実現していたら、習志野市はどのくらいの規模の市になっているでしょうか、人口はおよそ65万人で、これは船橋市(55万人)を越え千葉市に次いで県内で2位、面積はおよそ144キロ平方メートルで、これは鴨川市に次いで県内で6位(いずれも平成16年4月現在)となります。まさに千葉市や船橋市と肩を並べるほどの習志野市が誕生していたことになります。しかし、昭和16年(1941年)から始まった太平洋戦争と敗戦によって、大習志野市構想は実現には至りませんでした。
 この話は、かつて市史編さん委員だった故将司正之輔氏の原稿をもとにしていますが、将司先生もこの経緯について「種子は蒔まかれたもののついに発芽を見ずに終わった」と書かれています。この種子が「習志野市」として花開くのには、戦後の「昭和の大合併」を待つことになります。

(注釈)市史編さん室では、大習志野市構想や習志野市成立についての資料などを探しています。心当たりなどありましたら、社会教育課
電話:047-451-1151
内線:462
まで、ご連絡ください。

問い合わせ先

このページは社会教育課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎2階
電話:047-453-9382 FAX:047-453-9384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る