このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.55 平成14年6月1日号 藤崎森林公園内 ディーゼル機関車

更新日:2007年8月23日

新ならしの散策 No.55

藤崎森林公園内 ディーゼル機関車

 今年3月、藤崎森林公園内・旧大沢家住宅前の桜の大樹が満開を迎えたある日、その大樹の下で花見の宴が開かれたそうです。房総の魅力五百選に選ばれた約340年の歴史を有する旧大沢家(寛文4年・1664年建造)と桜の大樹、なんとも似つかわしい風景です。その桜の木のそばに置かれた可愛らしいディーゼル機関車をご存知の方も多いと思います。
 このディーゼル機関車(昭和15年製造)は長野県木曾王滝森林鉄道に使用されていたもので、昭和50年3月までヒノキやサワラなどの木材を運んでいました。森林鉄道の廃止にともない習志野市が昭和51年11月に譲り受け、藤崎森林公園内に移設し旧大沢家住宅とともに市民の皆さんに公開して現在に至っています。
 機関車は多くの人々に親しまれてきましたが、藤崎小学校の子どもたちにも愛され、昭和59年、長野県に起きた大地震により王滝村が被害にあった時、子どもたちは児童会を中心に義援金を集め、機関車を贈ってくれたお礼として12万6円と激励の手紙を送りました。
 昨年、このディーゼル機関車にうれしい出来事が起こりました。市内本大久保在住の森本さんが機関車の清掃活動を自主的に始めてくれたのです。それは6月19日のことでした。森本さんは、鉄道をこよなく愛している方ですが、機関車を文化財として整備し、子どもたちにきれいな形で残しておきたい、夢を与えたいという思いで清掃に取り組んでいます。機関車が藤崎小の子どもたちに優しさを伝えたように、森本さんになにか語りかけたのかもしれません。次に、このディーゼル機関車に出会うとき、何かを私たちに語りかけてくれるかもしれません。それを楽しみに藤崎森林公園に出かけてみてください。緑深き季節です。

問い合わせ先

このページは社会教育課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-9382 FAX:047-453-9384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る