このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

No.38 平成11年8月1日号 消えた池 〜庄司ヶ池〜

更新日:2007年8月23日

消えた池 〜庄司ヶ池〜

 第一中学校(谷津6丁目)の周りには、一面の畑が広がっていますが、その一角にまるで島のように、こんもりと緑の茂った場所があります。その中に弁天を祭った小さな祠〔ほこら〕〜与兵衛弁天〔よへいべんてん〕〜があります。

 七福神のひとりに数えられる弁天(弁財天)は、水の神様として知られています。水道などがあまり発達していなかった頃は、水を得ることは生活を支える重要な要素でした。その反面、治水技術が未発達であったため、河川のはんらんなども、生活を脅かす大きな危機でした。そのような水に対する畏れ〔おそれ〕の気持ちから、川や池などの水場の近くに、弁天を祭る祠が建てられました。
 しかし、与兵衛弁天の周りは畑ばかりで、水場のようなものは見当たりません。なぜ、そのような場所に弁天の祠が建てられたのでしょうか。
 明治43年(1910年)発行の地図を見ると、このあたりは庄司ヶ池とよばれ、津田沼や二宮などの雨水が流れ込む池が広がっていました。この池の水を祭るため、与兵衛弁天が造られたと考えられます。しかし庄司ヶ池は、大雨がふるとあっという間に貯水量の限界を越え、あふれ出た水が周辺の耕地に流れ出し、大きな被害を出していました。
 そのため、人々は、池の水を海まで流す排水工事を計画しました。大正3年(1914年)1月に始まった工事は、池の下から直径約66センチメート利、長さ432メートルのコンクリートの管を埋め、その先252メートルは溝を掘り、水を流すというものでした。総工事費は5,625円で、そのうち3,100円を県が、残りを地主37名が負担しました。この水路はその年の9月に完成しました。
 こうして庄司ヶ池の排水は完了し、耕地として利用されるようになり、現在にいたっています。いまでも傾斜している地形に、池だった頃の面影が残っています。
 この工事の様子を記した「排水記念の碑」が近くにある丹生〔にう〕神社の境内に建てられ、往時の人々の願いと努力を物語る記念碑となっています。

問い合わせ先

このページは社会教育課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-453-9382 FAX:047-453-9384

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る