このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
習志野市 未来のために〜みんながやさしさでつながるまち〜習志野
サイトメニューここまで

本文ここから

隣地の樹木が自分の土地に侵出してきている

更新日:2012年7月12日

内容

  1. 隣の土地に生えた樹木の枝が、私の土地に侵出してきている。葉や花びら、毛虫が落ちてきて、清掃も大変だ。市で剪定(せんてい)してもらえないか。
  2. 隣の土地に生えた樹木が大きく育ち、管理もされていない様子だ。落雷や台風等で倒れてきたら我が家に被害が出そうなので、市で伐採してもらえないか。
  3. 近所の土地に生えた樹木が道路に侵出しており、交通の妨げとなっている。市でどうにかしてほしい。

対応

 春から夏の樹木が育つ時季、また落葉が進む秋から冬にかけて多く寄せられる申出です。

 樹木は財産であり、その所有者(多くの場合は土地の所有者)に管理する責任があります。原則として、所有者以外の人が剪定・伐採をすることはできません。これは市であっても同様です。その土地が私有地である場合、市が強制力をもって剪定・伐採、もしくは指導・命令等を行うことはできませんので、当事者間で解決をしていただくこととなります。
 可能であれば、まずはその土地の所有者または居住者に直接要望を伝え、話し合いをしてみましょう。個人的に話し合いをすることが難しいという場合は、町会・自治会内で問題を共有し、話し合いをするのも一つの手段です。
 それでも所有者が対応してくれない場合や、所有者が不明な場合等、解決が困難な場合は法律相談等を受け、対応を検討しましょう。

 なお、公園や市道の街路樹等、市の管理する樹木である場合は担当課で剪定・伐採を行いますので、ご相談ください。

 また、侵出した枝が市道において著しく交通障害を起こしている場合は、市までご連絡ください。

参考

 隣地からの枝および根の侵出については、民法に次のような規定があります。

  • 民法第233条第1項「隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。」
  • 民法第233条第2項「隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。」

問い合わせ先

このページは市民広聴課が担当しています。
所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎4階
電話:047-453-7372 FAX:047-453-7769

キャッチボールメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

習志野市

窓口案内・連絡所

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号
電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)
法人番号6000020122165
Copyright © Narashino City. All rights reserved.
フッターここまでページトップへ戻る